So-net無料ブログ作成

「短歌」2012年11月号

kushidori.jpg

「短歌」2012年11月号を読む。

第58回角川短歌賞は、藪内亮輔さんの「花と雨」が受賞。

おまへもおまへも皆殺してやると思ふとき鳥居のやうな夕暮れが来る
雨はふる、降りながら降る 生きながら生きるやりかたを教へてください


一首一首の中にも、50首の連作の中にも、強弱というか、緩急というか、抑揚のようなものがあって、そこが読んでいてとても心地よかった。

というのが、一読後の感想。

勿体ないので、引用は二首だけにしました。ぜひ雑誌を買って読んでください。

藪内さん、おめでとうございます。



同じ号の岩内敏行さんの評論「若手歌人による近代短歌研究・佐佐木信綱」にも注目した。

近代短歌を、新詩社(明星)vs根岸短歌会(馬酔木・アララギ)という二項対立の図式で整理してしまうと、例えば、「心の花」の佐佐木信綱をどう位置づけるかという問題が残る。(茂吉は信綱を「折衷」派みたいに位置づけているそうだ。)

岩内さんは、そうした二項対立を丁寧に解きほぐしながら、短歌史に、佐佐木信綱・前川佐美雄・塚本邦雄・佐佐木幸綱という、新たな一つの縦糸を読み取ろうとしている。(詳しくは岩内論文をご覧ください。)

願はくはわれ春風に身をなして憂ある人の門をとはばや


という信綱の一首に、「他者に向かって開かれた心」を読み取っているところにも胸を打たれた。

意欲的な力作評論だった。

岩内さんは「りとむ」の友人だが、ずっと前から近代短歌をテーマの一つとして粘り強く取り組まれている。尊敬すべき歌友(酒友?)のひとり。



写真は、札幌の焼き鳥チェーンの「串鳥」の見事な赤提灯。「串鳥」は、お通しで温かい鳥スープが出るのが定番。東京では、吉祥寺と荻窪に進出している。中央線沿線の方がうらやましい。

原阿佐緒歌集『涙痕』

sarada.jpg

ある勉強会のために原阿佐緒の第一歌集『涙痕』(大正2年)を読んでいる。

茂吉の『赤光』や白秋の『桐の花』と同じ年に出た歌集。

この涙ついにわが身を沈むべき海とならむを思ひぬはじめ
おなじ世に生まれてあれど君と吾空のごとくに離れて思ふ


冒頭あたりの歌から二首。「涙」とか「海」とか「空」とか、かなり抽象的な言葉が並ぶ「明星」的な詠いぶり。(実際、原阿佐緒は「明星」から出発している。)とは言っても、与謝野晶子のように自我でぐいぐい押して行くタイプではなく、恋を嘆いたり、うらんだりする歌が多い。

歌集全体に、抽象性の高い歌が並んでいて、歌にとっかかりがないと言うか、正直、読み通すのがしんどかったのだが、

春はよし恋しき人のかたはらによきことかたりほゝゑめるごと


こんな名歌性のある歌がひょっこりと顔を出したりする。

湯をくみて馬をば洗ふ馬だらひに円き鏡をうつす大空
煤びたる太き竹鍵白泡の酒煮る家に生い立ちしわれ
わが叔父が碧巌録を手にしつゝ打ちもだしたる秋のさびしさ


歌集中盤には、「馬だらひ」「酒煮る家」「碧巌録」などの具体を取り入れた歌があって、こういう歌のほうが現代の視点からはしっくり来るように思った。



先日、「りとむ」の歌会で、ある会員の方から、「田村さんのブログを読んで、Hさんの歌集を買いました。」というお言葉をいただいた。紹介した歌集を実際に手に取っていただけたのはとても嬉しく、励みになるお言葉だった。ありがとうございました。



写真は家の近所の居酒屋の野菜サラダ。サラダが新鮮で美味しいお店は、他の料理もまず間違いない。

矢後千恵子歌集『非時』

toge.jpg

矢後千恵子さんの第二歌集『非時』(本阿弥書店)を読む。

タイトルの読み方は、ときじく。

寒に身の置きどころなき一月や星辰ただす天のみじろぎ
砂風呂に無援の五体あたたかし埋め残せる春寒むの顔
芋焼酎甘きにうるむ春灯にフカの湯引きの骨こりと噛む


一首目のような大きな景を捉えた歌は、俳句も嗜まれる矢後さんらしい歌。結句の「天のみじろぎ」に俳味を感じる。二首目は、さらにユーモアの方向に踏み込んでいる。砂風呂に入った身体を「無援の五体」というのが面白い。三首目は、芋焼酎もフカの湯引きも、なんとも美味しそうなのだが、やはり上の句の「甘きにうるむ」の「うるむ」が効いているのだろう。視界が一瞬もやっとしてきたところで、下の句の「こり」という歯ごたえ。左党にはたまらない一首。

二十年ぶりに泊りし娘の家におおつごもりの雪をよろこぶ
裏木戸はこわれたままに年を越し枇杷も八つ手もひそやかに咲く


一首目の歌は、かなり久しぶりに泊まった娘の家で、大晦日の雪を喜んでいるという歌。何も特別なことは言っていないのに、この歌にとても惹かれるのは何故なのだろう。「家」というものの温かさが、一首の背後から伝わってくるからだろうか。二首目もとても好きな歌。本当はお正月までに直しておきたかった裏木戸なのに、ドタバタしていて手が回らなかったのだろう。壊れた裏木戸を、枇杷と八つ手がひっそりと彩る。こういう美意識には、とても共感を覚える。どこか俳句的なところが、この歌にもあるかもしれない。

他には次のような歌に惹かれた。

人の行く道が恵方と人波に乗るも目出度き門前通り
羊羹を買わねば明けぬ新年の成田の坂を上って下りて
寝台車〈出雲〉に仰ぐ星の数こころはすでに神に傾く
捨て切れぬふるさとを持ち母を持ち男はだんだんいい顔になる
幾たりの死を看取りたる医師なりき今死者としてしんと眠れる
べそかくんじゃないよと風が背ナを押すおまいはつおい女の子だろ




写真は夏に群馬に帰省したときに食べた「峠の釜飯」。駅弁としては全国的に有名。具が地味なので、子どもの頃はあまり好きではなかったが、最近、妙にこういうものが美味しく感じるのである。

生沼義朗歌集『関係について』

image-20121016220133.png


生沼義朗さんの第二歌集『関係について』(北冬舎)の書評を「短歌往来」2012年11月号に寄稿。

〈批評性〉というキーワードで一冊を読み解いたもの。生沼ファンの皆様、機会がありましたらご覧ください。

詳しい感想は書評に譲りますが、書評で取り上げた歌の他に、惹かれた歌は次のようなもの。


地上にて有象無象のうごくさま神にあらねば二階より見つ
百日紅ゆらす微風の吹く午後はうしろに誰も立たないでくれ
似たような顔の並びし大部屋に大和民族おしなべて鬱
動詞よりつきし地名をかりそめに過ぎることありたとえば押上
夜半までネットに向かう、海底の線路をあゆむこころもちもて
シーチキンをホワイトソースに入れたれば素性分からぬ食感となる
クール・ビズと呼ばるるらしも収賄で逮捕されたるごとき格好
何処かで見た顔とも思う酔いのなかラーメン屋に見る顔なればこそ
ついてくる沢庵をむしろ食べるためカツ丼頼むこともありたり
人混みに名を呼ばれたり何処よりの声か判らずまずは振り向く




写真は横須賀中央の居酒屋のランチメニューのまぐろ丼。(前々回のネギトロ丼とは別のお店。)胡麻だれに漬けてあって、まろやかな味わい。750円。

辰巳泰子歌集『いっしょにお茶を』


image-20121015210555.png


辰巳泰子さんの歌集『いっしょにお茶を』(沖積舎)を読む。

読み始めるとなかなか止まらなくなる歌集というのがあって、この一冊もそうだった。

がらーん橋このさき往かばずどーん橋暗渠にかかる戸板のごとき
猫抱いてもやんもやんとする君と家のうちらに光が及ぶ


一首目は、一瞬先は闇だとか、未来のことは分からないとか、歌意はそういうことだと思うのだが、そういうことよりも、「がらーん橋」「ずどーん橋」という擬音のような造語のような言葉の魅力を、素直に楽しめばいいのだと思う。二首目もそうだ。「もやんもやん」が、もやもやしているような、まったりしているような、猫とじゃれあっているような、とても幅のある表現であるところがとてもいい。人間の感情とか、雰囲気とか、そもそもかっちりとした言葉で表すことのほうが無理なのだと、改めて気づかされる。

いまひとたび逢わんと言いておおかたは逢わずなりゆく襤褸の駅に
眠り際いつもあなたの手を嗅いで星屑の底へ落ちてしまえた
愛なくてぐずぐずかたちに収めゆきし若ければ肉をなかだちとして


歌集中で惹かれた歌の多くが、男女の逢いと別れを詠ったものだった。一首目の「襤褸」は「らんる」と読み、ぼろきれのこと。四句目まではすっと入って行けて、結句の「襤褸」と「駅」の取り合わせでぐっと詩に昇華する。二首目は、浪漫的な下の句を導き出すのが、「手を嗅いで」という動物的な仕草であるところが面白い。三首目の「ぐずぐず」「肉をなかだちとして」も巧みな表現だと思う。

と、理屈を書いて来て、ちょっと「もやんもやん」としている。辰巳さんは、事態のかなり向こう側のことを詠んでいると思うのだが、それを言葉で説明するのが難しい。一首一首の背後から、強いあこがれのようなものを感じる歌集と言ったらいいだろうか。

ここでは敢えて引用しないけれど、巻末の一首がとても印象的だった。ぜひ皆さん、手に取ってください。

他に惹かれたのは、次のような歌。

握手して街の半(なか)らに別れしはつゆくさの藍ほど揺れのこる
どうやって帰っただろう駅までをゆうやけぐもに乗ったんじゃないかな
電飾が樹木をさらに暗くした もともとくらい いのちというは
あした掘る馬鈴薯の名はつきあかり酔いて農夫の言い違えたり
受け取った愛に自問の夜を明かす一匹のいわしなれど回遊す
右も左もわからぬ場所でバスを降り星から星へと歩くようでした




写真はある日のティータイム。私はお酒が好きなので、あまりこういう甘いものは食べないのだけれど、たまにはこんな日もあります。

内山晶太歌集『窓、その他』

image-20121013010000.png



内山晶太歌集『窓、その他』(六花書林)を読む。

内山晶太さんの作品については、2004年7月〜2005年5月までの1年間、「りとむ」誌上の「Chaser〜現代短歌の今を追う〜」という企画で、内山さんが総合誌や結社誌に発表した作品をリアルタイムで批評をするという試みをしていたことがある。

そのときに、私が取り上げたのは、歌集中では例えば次のような作品。

冬空を叩きて黒き鳥がゆく一生は酸しとおもう昼過ぎ
いくつかの菫は昼を震えおりああこんなにも低く吹く風
ショートケーキを箸もて食し生誕というささやかなエラーを祝う


内山さんが27、28歳のときの作品ということになる。『窓、その他』については、他のところでも取り上げたいと思っていて、ここではあまり書きすぎないようにしたいのだが、一首目の人生の酸っぱさとか、二首目の視線の低さとか、現在の内山さんの作品世界の大部分は、このころから出来上がっていたように思う。

私も当時から内山さんの歌集の出版を待ち望んでいた一人なので、『窓、その他』の刊行を受けての、Twitter上での「#内山晶太祭り」の盛り上がりは、本当に嬉しい。俳人の方や詩人の方にも、強くオススメしたい一冊。

「#内山晶太祭り」については、hanaklageさんが、togetterにまとめてくださっているので、こちらをご覧ください。

他には、次のような歌に惹かれた。

春の雨こすれるように降りつづくほのあかるさへ息をかけたり
春の日のベンチにすわるわがめぐり首のちからで鳩は歩くを
かけがえのなさになりたいあるときはたんぽぽの花を揺らしたりして
「疲れた」で検索をするGoogleの画面がかえす白きひかりに
コンビニに買うおにぎりを吟味せりかなしみはただの速度にすぎず
湯船ふかくに身をしずめおりこのからだハバロフスクにゆくこともなし
わが胸に残りていたる幼稚園ながれいでたりろうそくの香に
影絵より影をはずししうつしみはひかり籠れる紙に向きあう




写真は横須賀の居酒屋さんのランチメニューのネギトロ丼。小鉢と味噌汁付きで500円。横須賀は三崎港に近いためか、マグロはどのお店で食べても大抵ハズレがない。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。