So-net無料ブログ作成
検索選択

生沼義朗歌集『関係について』

image-20121016220133.png


生沼義朗さんの第二歌集『関係について』(北冬舎)の書評を「短歌往来」2012年11月号に寄稿。

〈批評性〉というキーワードで一冊を読み解いたもの。生沼ファンの皆様、機会がありましたらご覧ください。

詳しい感想は書評に譲りますが、書評で取り上げた歌の他に、惹かれた歌は次のようなもの。


地上にて有象無象のうごくさま神にあらねば二階より見つ
百日紅ゆらす微風の吹く午後はうしろに誰も立たないでくれ
似たような顔の並びし大部屋に大和民族おしなべて鬱
動詞よりつきし地名をかりそめに過ぎることありたとえば押上
夜半までネットに向かう、海底の線路をあゆむこころもちもて
シーチキンをホワイトソースに入れたれば素性分からぬ食感となる
クール・ビズと呼ばるるらしも収賄で逮捕されたるごとき格好
何処かで見た顔とも思う酔いのなかラーメン屋に見る顔なればこそ
ついてくる沢庵をむしろ食べるためカツ丼頼むこともありたり
人混みに名を呼ばれたり何処よりの声か判らずまずは振り向く




写真は横須賀中央の居酒屋のランチメニューのまぐろ丼。(前々回のネギトロ丼とは別のお店。)胡麻だれに漬けてあって、まろやかな味わい。750円。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。