So-net無料ブログ作成

山田航歌集『さよならバグ・チルドレン』

image-20120930190028.png


山田航さんの第一歌集『さよならバグ・チルドレン』(ふらんす堂)を読んだ。

歩き出さなくてはならぬかなしみを犬をからかつてごまかしてるね
地下鉄に轟いたのちすぐ消えた叫びがずつと気になつてゐた
交差点を行く傘の群れなぜ皆さんさう簡単に生きられますか


生きにくさをテーマにした歌が多い。一首目は、誰かに語りかけているようでいて、自分自身との対話のようにも思える。二首目の地下鉄に轟いた叫びは、他者の声であると同時に、自らの内から湧き上がってくる叫びでもあっただろう。三首目は、胸の中にわだかまっている、生き難い思いの率直な吐露である。

こうした歌は、同じような思いを抱いている読者に、共感という回路を経て、強く繋がって行くだろう。

目覚めぎは僕はひとつの約束を胸に浮かべたまま山羊となる
カフェオレぢやなくてコーヒー牛乳といふんだきみのそのやり方は


一方で、こんなユーモアのある作品にも魅力を感じた。一首目は、目覚めぎわの寝ぼけた顔の比喩として、〈山羊〉がとても効いていると思う。山羊の目は、よく見ると瞳に横棒が入っていて、いかにも眠そうな感じの目なのである。似たような動物でも、たとえば羊は、目覚めというより、眠りに落ちるときのイメージが強いので、ここではふさわしくない。この歌に山羊は実にぴったりくるのだ。もしかしたら、この山羊は、胸の中の約束も、もしゃもしゃと食べてしまったりするんじゃないだろうか、などという空想もしてしまう。二首目も、やり方があまりスマートではないという指摘をしている場面だと思うけれど、カフェオレとコーヒー牛乳という言葉の持つイメージが、とてもうまく生かされている。

カントリーマアムが入室料になる美術部室のぬるめのひざし
鳥が云ふ誰にとつても祖国とはつねに真冬が似合ふものだと
風がさらふ雪を見ながら抱き合つたdocomoショップの光を浴びて


『さよならバグ・チルドレン』は、かなり普遍的な表現を指向している歌集だと思うのだが、先日、所用で札幌に行ったとき、空き時間にこの歌集をあらためて読んでいたら、札幌の空気を感じさせる歌が少なからずあることに気づいた。一首目の〈ぬるめのひざし〉や、二首目の〈祖国とはつねに真冬が似合ふ〉など、じゅうぶん普遍的な表現を獲得していながら、実は北の地に深く根ざしているように思う。三首目は、私のとても好きな歌で、雪の白とdocomoショップの赤という鮮明なコントラストが、誰にでも届く表現であるとともに、〈風がさらふ雪〉は、札幌という都市の風景を思わせるのだ。

普遍的な詠いぶりでありながら、実は深く土地に根付いている。山田さんの歌には、そんな魅力もあるのではないかと思った。

他には、次のような歌に惹かれた。

昨晩のその場しのぎの言ひ訳にサランラップがかけられてゐる
階段をのぼつてゆけば夕暮れと呼びたくはないひとときがある
IDカード首から提げて見つめたる液晶画面にそよぐはまなす




写真は、札幌の居酒屋「大ちゃん」の名物、「カツめし」。カツの中に豚肉と御飯が入っている。玉子を崩して醤油で食べる。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。