So-net無料ブログ作成
検索選択

高木佳子歌集『青雨記』

ichigo.jpg

高木佳子さんの第二歌集『青雨記』(いりの舎)を読む。
いい歌が本当にたくさんあり、書きたいこともたくさんある。

何から書いていいか分からないほどなのだが、『青雨記』の歌を、ひとことで言うとすると、とても「かっこいい」歌だ。

いろんな歌に、何度もゾクゾクさせられながら読んだ。

最近は、どちらかというと、あまりかっこつけない歌が流行っていたように思うのだが、『青雨記』の歌には、前衛短歌の頃の歌のようなかっこよさがある。

短歌の流れが、少し変わって来るかもしれないと思った一冊だ。

静脈の青を思はす空のもとプール開きの旗(フラッグ)は立つ
Rien(何もなし)とぞ日記に記しし王のこと思ひぬ繊き雨の朝に


一首目、プール開きの旗というのは、いかにも日本的な夏の風物詩なのだが、旗を「旗(フラッグ)」とルビ付きで表記することで、一気に無国籍な感じの風景が立ち上がってくる。

二首目、「Rien(何もなし)」はフランス語。「王」はたぶん中世の王様だろう。平凡な雨の朝から、中世の王の日記まで、かろやかに跳んでゆく。

日常から発想しつつも、日常に埋没しない。そんな歌への向き合い方が、とてもかっこいいのである。

文語をベースとした文体も、歌のかっこよさの源になっていると思う。

「poule au pot(鶏のポトフ)」という連作もとても好きな一連だった。ポトフを作るという料理の歌なのだが、料理をこんなに詩的に詠えるものかと度肝を抜かれつつ、なんだか泣けてくる一連でもあった。ここでは引用しないので、皆さんぜひ歌集を手に取って読んでください。

他にも、例えば次のような歌がいいと思った。

海を見にゆかないのですか、ゆふぐれを搬び了へたる貨車がさう言ふ
芒いま手のかたちしていつせいに指し示すなり風のゆくへを
ゆくらかに点灯夫来て空の鳥海の魚を灯すゆふぐれ
ママいいよぼくこのままでいいと吾子は言ふなり本当にいいか
をのこごは散髪反対と叫んでゐた原発反対に飽いたのだつた
魚(うろくづ)よ、まばたかざりしその眼もて吾らが立ちて歩むまでを 見よ




写真は先日食べたアイスクリーム。私はお酒が好きで、普段はあまり外でこういうものを食べることがないのだが、時間調整のために入った新宿喫茶店で、ふと頼んでしまったもの。たぶん十年ぶりくらい。記念の一枚。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。